創業融資を受けるために知っておくべき3つのポイント

2016-10-17
Pocket

こんにちは、東京千代田区の都丸税理士事務所です。

 

当事務所では、会社設立、創業支援、創業融資等、会社経営に関わる様々なサポートを実施しています。

 

entrepreneur-696957_960_720

 

今回は、創業融資を受けるために知っておくべき3つのポイントについてお話します。

 

創業融資を受けるために知っておくべき3つのポイント

 

①事業計画

 

当然ですが、日本政策金融公庫もビジネスです融資するわけですので、しっかりと利益が出て返済できる事業に融資をします。

 

そのため、次にあげる3点をしっかりとクリアした事業計画書を作成する必要があります。

 

  • 事業についての夢をしっかりと示す。
  • 売上は希望的な数字でよい。
  • 利益は返済資金をしっかりと超える額を確保するようみ見込む。

 

事業を行う目的は、利益をあげることです。

 

そのためしっかり儲けて、きちんと返済するという意欲を示すことが大切です。

 

そして、自身の夢を大いにつまった事業計画書を作成することが大切です。

 

 

②資本金(自己資金)

 

一般的には、融資の額の半額は自己資金が必要です。

 

資本金が少ない場合は代表者から会社に貸付して自己資金を増やしましょう。

 

 

③代表者の経歴

 

事業計画どおりにビジネスを実現できるかどうか、事業を成功するためのスキルがあるかどうかは、今までの代表者の経歴で評価されます。

 

経歴を記載するときには、以下の2点に注意して記載してください。

 

  • 事業計画を実現できることをアピールするような記載をする。
  • 金融機関への支払延滞には要注意!

 

 

まとめ

 

日本政策金融公庫は政府100%出資の金融機関です。

 

一般的に民間の金融機関で融資を受けるには、2~3年間事業を続けて、さらに毎期の黒字が必要であたりします。

 

しかしながら、事業開始時にはこれらの実績がないわけなのですが、このような創業時にも積極的に融資を行う機関が、この日本政策金融公庫です。

 

当事務所でも、日本政策金融公庫と連携して創業融資支援に力を入れております。

 

創業融資等、お気軽にご相談ください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当事務所では、個々の企業の状況に適した形でのサービスを提供を心掛けております。

 

会計ソフトの導入等でお悩みの場合もお気軽にご相談ください。

 

また、創業融資、創業支援にも力を入れております。

 

都丸税理士事務所は、経験豊富な税理士が、お客様の視点に立って親身に対応することをモットーに運営する東京千代田区の税理士事務所です。

 

会社設立、創業支援、創業融資等、経験豊富な税理士が、低価格でありながら価値あるサービスを提供致します。

 

また、弊事務所の税理士は、税務調査対応に非常に長けており、調査能力も高いことを自負しております。

 

安心して、お気軽にご相談ください。

 

Pocket