あなたの会社は健康ですか?

2017-06-08
Pocket

こんにちは、東京千代田区の都丸税理士事務所の代表税理士都丸です。

 

当事務所では、会社設立、創業支援、創業融資等、会社経営に関わる様々なサポートを実施しています。

 

 

 

 

「あなたの会社は健康ですか?」

 

このように突然聞かれても、意味がよく分からないかもしれませんね。

 

会社が健康というのは、無理なく会社が存続ができる経営状態を指します。

 

会社が健康である条件は、

 

1. 会社の資金に不足がないこと

 

2. 会社の利益が十分あること

 

何といってもこの2点でしょう。

 

 

つまり、会社が存続できる状態というのは、十分な利益を生み出していて、また、具体的に裏付けのある資金がある状態ということです。

 

そして、この健康状態が、ありのままに分かるもの、

 

それが「決算書」です。

 

決算書には、貸借対照表や損益計算書といった会社の財政状態や経営成績を表す数字が羅列されています。

 

そのため、この決算書を読めば、会社が健康であるか、そうでなく病気にかかっている状態であるのかが分かるのです。

 

前回のコラムでもお話ししましたが、日々、会社の数字をしっかりとバランスよく把握することが、病気の予防につながります。

 

そして、早め早めに様々な方法で治療を試みることができます。

 

しかしながら、そもそもこの決算書、なんのためにあるのかご存知でしょうか?

 

 

なぜ決算書があるのか?

 

「なぜ毎年決算書を作成しなければいけないのでしょうか?」

 

と質問すると、

 

「税務署に提出しないといけないから」

 

そのように答える人もいるかもしれません。

 

 

確かに税金を計算するために決算書は必要です。

 

1年に1回は決算を行い、会社の利益を正しく計算することが会社法や税法に定められています。

 

しかしそれだけではありません。

 

決算書は経営の健康診断書であり、経営活動の成績表ともいえるものです。

 

決算期で区切って、企業活動の流れを数字で表したものが決算書なのです。

 

 

また次回のコラムで、決算書の基本についてはお話ししたいと思います。

 

 

 

会社設立して間もないという方は、特にいろいろな疑問や不安もあると思います。

 

安心して、何かご質問等ありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当事務所では、個々の企業の状況に適した形でのサービスを提供を心掛けております。

 

会計ソフトの導入等でお悩みの場合もお気軽にご相談ください。

 

また、起業するための記帳や申告について、何から手を付けたら良いか等を知りたい方、 会計や税務でお悩みの方、その他に税金についてざっくばらんに聞きたい方もお気軽にご相談ください。

 

都丸税理士事務所は、経験豊富な税理士が、お客様の視点に立って親身に対応することをモットーに運営する東京千代田区の税理士事務所です。

 

会社設立、創業支援、創業融資等、経験豊富な税理士が、低価格でありながら価値あるサービスを提供致します。

 

また、弊事務所の税理士は、税務調査対応に非常に長けており、調査能力も高いことを自負しております。

 

安心して、お気軽にご相談ください。

Pocket