会社の設立は誰に依頼すべき?

2016-04-18
Pocket

 

こんにちは、東京千代田区の都丸税理士事務所です。

 

当事務所では、会社設立、創業支援、創業融資等、会社経営に関わる様々なサポートを実施しています。

 

個人事業と法人事業の違いなどをご説明してまいりましたが、さあ、いざ会社設立をしようと考えられたとき、まずは誰に相談すればいいのでしょうか?

 

 

63d39cd6312b4ef93b4b4b0e3e3541a7_s

 

 

会社の設立は誰に依頼すべき?

 

会社設立は、個人で手続きをすることは可能ですが、ほとんどの方が専門家に依頼するかと思います。

 

では、誰かに依頼しようと考え、例えば、WEB上で、「会社設立」というキーワードを入力して検索すると、様々な専門家が出てきます。

 

さあ、どの専門家に依頼するのがいいのでしょうか?

 

ただでさえ忙しいときに、誰に依頼すればいいかで悩み、時間がとられるのは困りますね。

 

 

会社設立の代表的な専門家

 

会社設立の代表的な専門家は、税理士、行政書士、司法書士の3士業でしょう。

 

それぞれの専門分野は、下記になります。

 

  1. 税理士は、税務関係のプロ
  2. 行政書士は、書類作成のプロ
  3. 司法書士は、登記や供託のプロ

 

 

それぞれの専門家のできることとできないこと

 

【税理士の場合】

法人事業にとっては、税務関係が一番大切になります。

 

節税対策のために会社設立を考えられる方も多いと思います。

 

そのため、事前に税理士に相談をしながら、会社設立の準備ができます。

 

また、設立後も経理、税務関係を継続して相談できます。

 

登記の申請はできないため、申請のみご自身でしてもらう場合もあります。

 

【行政書士の場合】

行政書士は代書屋とも呼ばれるほどの書類作成のプロです。

 

会社設立に必要な書類の作成を本人に代わって作成することができます。

 

登記の申請はできないため、申請のみご自身でしてもらう場合もあります。

 

【司法書士の場合】

会社設立登記の申請ができます。

 

これができるのは司法書士だけになります。

 

 

まとめ

 

一概には、どの専門家に頼むのがいいかとは言えませんが、保有している資格によってできることとできないことがあることがおわかりいただけましたでしょうか。

 

会社の設立登記だけが目的か、会社の税務関係も相談しながら会社設立をすることが目的かで、選ぶ専門家もかわってくるかと思います。

 

当事務所ではグループ内の司法書士、社会保険労務士と協力して会社の設立に対応するため、上述のように資格の区分を意識される必要はありません。会社の設立、創業支援にてお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

都丸税理士事務所は、経験豊富な税理士が、お客様の視点に立って親身に対応することをモットーに運営する東京千代田区の税理士事務所です。

 

会社設立、創業支援、創業融資等、経験豊富な税理士が、低価格でありながら価値あるサービスを提供致します。

 

安心して、お気軽にご相談ください。

Pocket