事業計画書の作成が大事な理由

2016-11-06
Pocket

こんにちは、東京千代田区の都丸税理士事務所です。

 

当事務所では、会社設立、創業支援、創業融資等、会社経営に関わる様々なサポートを実施しています。

 

前回のコラムで、創業融資のために必要な「事業計画書」について、少し触れました。

 

「事業計画書」は創業時の融資の際には必要となりますが、新店舗の出店時や事業の多角化など、事業展開における節目の際にも作成が必要となることがあります。

 

しかしながら、「事業計画書」は、そのような節目以外の、いわゆる「平常時」に作成することもとても大切です。

 

その理由につていお話しします。

 

0197fc2d493fbaba8f0dabd544cb1b59_s

 

 

事業計画書の作成が大事な理由

 

事業計画書は、平常時にも活用できる部分が多大にあります。

 

「事業計画書」を作成することは、下記のような意味があります。 

 

①周囲への理解を深める効果

事業計画書を作成することで、取引先、仕入先、金融機関、出資者など、関連する多くの人に事業の内容を説明し、理解してもらうことができる。

 

 

②経営者自身の振り返り効果

経営者が自ら作成することで、経営者自身の考え方を整理し、今後の経営について具体的な計画を立てることができる。

 

 

③経営自体の振り返り効果

一定期間の事業実績が、「事業計画書」の内容に沿っているかを確認でき、経営を振り返ることにつながる。

 

 

 

まとめ

 

上記の効果でもお分かりになると思いますが、事業計画書を作成することは、創業時や事業の節目の時だけではなく、「平常時」の経営を考えていくうえでも、とても重要です。

 

定期的に「事業計画書」を作成することで、スムーズな経営を行うことにもつながります。

 
創業時にしっかりと「事業計画書」作成をすることは、後々の経営にもとても役に立ちます。

 

しかしながら、この創業計画をしっかり立てることは、とても難しい作業でもあります。

 

ぜひ、専門の税理士等に相談してみてください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

当事務所では、個々の企業の状況に適した形でのサービスを提供を心掛けております。

 

会計ソフトの導入等でお悩みの場合もお気軽にご相談ください。

 

また、創業融資、創業支援にも力を入れております。

 

都丸税理士事務所は、経験豊富な税理士が、お客様の視点に立って親身に対応することをモットーに運営する東京千代田区の税理士事務所です。

 

会社設立、創業支援、創業融資等、経験豊富な税理士が、低価格でありながら価値あるサービスを提供致します。

 

また、弊事務所の税理士は、税務調査対応に非常に長けており、調査能力も高いことを自負しております。

 

安心して、お気軽にご相談ください。

 

Pocket